先に行われた永松学長の「成果を出すセラピストになるために セラピスト応援セミナー」では、

「改めて『病とは何か』を考える」
「癌ほどやさしい病気はない」
「本当に癒されるべきものは何かを見極める」
「現代病やアレルギーが意味すること」
「幸せな死のために ~クオリティ・オブ・ライフ/クオリティ・オブ・デス」

といったテーマで、参加者の皆さんと一緒に様々なことを考え・感じ・意見を交換し合う中で、大変大きな変化や気付きを感じていただけました。

こんなに深く考えたことは無かったので、良い機会になりました。内容が深く、ものの見方も多方面で、自分の引き出しが増えました。(30代女性 )

今まで考えもしなかった角度からいろいろな見方を教えていただいたように思います。初めての私には、「えっこんなふうに考えるの?」「こんなに掘り下げて?」なんて思いながら受講しました。学生の方の答え方、またまた掘り下げられていて参考になりました。(女性)

いろいろな人の感じ方、考え方、表現のされ方に接して、揺り動かされました。(50代女性)

セラピストの方に向けて行った講座ではありますが、よりよく生きたいと願う全ての方々に聞いていただきたい内容でした。

そこで、今回は特定の受講対象を設けずに、名称もワークショップに変更し、新たに「永松学長の世界の見え方がガラリと変わるワークショップ」として開催することになりました。

第1回:現実とは何か

第2回:小林秀雄「無情という事/当麻/徒然草」

第3回:体験と経験

第4回:寛容であること

年齢や職業に関係なく、物事の本質に向き合い、自らを高めることによって成果を上げてゆきたい方、共に学びましょう。

私たちは、普段の何気ない出来事や、気にもとめずに通り過ぎてしまう物事の中に、世界の見え方をガラリと変えてしまうヒントが隠されていることになかなか気付くことができません。皆さんとの対話も交えて、それを明らかにしてゆきたいと思います。

ぜひたくさんの方のご参加をお待ちしております!

日程

<昼の部 10時~13時:全て水曜日>
第1回 11月06日【現実とは何か】
第2回 11月20日【小林秀雄「無情という事/当麻/徒然草」】
第3回 12月11日【体験と経験】
第4回 12月18日【寛容であること】

<夜の部 18時~21時:全て金曜日>
第1回 11月08日【現実とは何か】
第2回 11月22日【小林秀雄「無情という事/当麻/徒然草」】
第3回 12月06日【体験と経験】
第4回 12月20日【寛容であること】
※各回で昼夜いずれかを選択受講可

講師

永松昌泰(ながまつまさひろ)ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー学長
<プロフィール>
慶應大学、コロンビア大学、パリ大学で量子力学、数学、哲学、文学を学び、音楽、宗教、武道などに至る幅広い関心がホメオパシーに直結。森羅万象のあらゆる現象がホメオパシーと融合する。長く探求してきた「ものの道理」とホメオパシーとが完全に重なっていることを確信。「あらゆる病は余すところなくありのまま症状の全体像に表現され尽くしている」というホメオパシーと「現象に表現されていないような『隠れた本質』は存在しない」とする哲学が一致。本来統合されていたサイエンスとアートが再び融合してゆく場としてハーネマンアカデミーを設立する。

受講料

全回:12,600円(税込) / 1回:3,150円(税込)
※各回で昼夜いずれかを選択受講可

会場

ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 東京校

東京都港区三田2-2-15 デュープレックスリズB1F
※アクセスはこちら

お申し込み・お問い合わせ

ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 東京校 品川教室
TEL:  03-5422-8321 (日・月曜日・祝日を除く11:00-17:00)FAX: 03-6737-1391
e-mail: education@hahnemann-academy.com