「ものの道理」に基づいて深く考えていく授業 自分が大きく変わりました

ホメオパシーはもちろんハーネマンアカデミーとの出会いは人生の大きな転機となりました。ホメオパシーを勉強しようと決めた時、インターネットで学校検索してでてきたのがハーネマンアカデミーで、入学する前は他の学校のことは知りませんでした。この学校でホメオパシーを学べて幸運だと思うと同時に何か不思議な縁も感じますが、もし他の学校のことを知っていたとしてもきっとハーネマンアカデミーを選んだと自信を持って言えます。

この学校ならではの“ものの道理”に基づいて深く考えていく哲学的な授業は私に多くの気づきを与えてくれました。自分の中に変化をもたらし、ものの見方が次第に変わり、人間のあり方についてよく考えるようになり、自分を含める人間という存在にとても興味をわくようになりました。その人がどのような世界観を持ち、その人を中心的に動かしているものは何だろうと。それは自分自身に対しても同じで、自分の内面に目を向けるようになり、自分の心の動きを意識するようになりました。それは人を理解していくことにも繋がっていくのではないでしょうか。

この学校で様々なことを学んで、自分が大きく変わったと実感してます。本当に何かを学ぶということはそれを知った瞬間にそれまでと同じ生き方ができない。まさにそうだと思います。前の自分にはもう戻れないことは確かです。ハーネマンアカデミーは“真の学びの場”と言えます。

そして、同じ目的を持ったクラスメイトがいます。一緒にホメオパシーを学ぶ仲間がいるとよりいっそう勉強の励みになります。それぞれの期ごとにクラスの雰囲気は違うと言われますが、ちなみに10期は比較的大人しいみたいです(笑)全体での合同授業では学年問わず意見が飛びあい良い刺激を受けます。1人だと自分を通した見方しかできませんが、他の人たちの意見を聞くことによって色んな角度からもの事をとらえていくヒントをもらってます。

ホメオパシーの旅はまだ始まったばかりです。終わりのない長い道のりを今歩いています。この先どんなことが待ち受けているのかわかりませんが、きっと素敵な旅になる予感がします。ホメオパシーを探求していくワクワクする気持ちは今もこれからも変わらないでしょう。