結婚、出産、育児を機に食や健康についての興味が広がっていきました。

出来るだけ「心や体にやさしい育児を…。」と心がけながらも、子供が3歳の時に中耳炎との診断を受けてからは、半年以上もお薬に頼る生活でした。お薬の度、私に出来ることはないだろうか?と悩みました。

世の中は健康ブームで、テレビや本などの情報が溢れています。それらは安心を与えてくれるものだったり、何やら不安をあおるものだったり…。今の医療や多くの情報に不安や、違和感を感じていました。

そんな時、書籍の中でふと目にしたホメオパシーの文字。ホメオパシーって何だろう?私のホメオパシーとの出会いはこんな偶然と言えるような事がきっかけでした。セルフケア講座に参加し、植物や鉱物、動物など、日常生活の中で親しみのある自然界の物質が、さまざまな症状や心を癒してくれる…。そしてそれらは、「心や体に優しく副作用がない。」というお話に、とても感動し興味を持ちました。

始めは半信半疑だったホメオパシーですが、「ちょっと風邪気味かも…。」や「生理前後のPMS」「怪我」や「痛み」など、あっ!と感じた時にレメディーを摂ると、気付いた頃には忘れてしまう位に症状がなくなっているという体験をしたり、子供の中耳炎や長く患っていた主人の花粉症がお薬を飲まなくてもいいまでに改善したり…。ホメオパシーの不思議な力に魅せられていきました。セルフケアのみならずもっと深く学びたいという気持ちが募り、入学に至りました。

学びを深めていく過程が、自分自身を知り、そして家族や仲間を理解し、癒すことに繋がっていきます。そしてそれが、自分の中で眠っていた才能(長所・短所含めて)の存在に導き、自分の気付いていなかった一面に触れさせてくれます。たくさんの気付きやヒントを頂き、目からウロコで感動の連続です。学べば学ぶほど世界が広がり、もっと知りたい!という思いが募っていきます。入学当初は、まだ子供も小さく4年間通う事が出来るか不安でしたが、通信コース(今のEラーニングコース)に在籍し、通学出来る時に通学すればいいと思い、勇気を出して入学しました。子供がまだ小さい時期にホメオパシーに出会えたことで受けた恩恵は計り知れません。2年前から主人も学びはじめました。共にホメオパシーを学ぶ過程が本当に楽しく幸せです。これからも、ありのままに見て受け取り感じることが出来る様、勉強を続け自分を磨いてゆきたいです。