ハーネマンアカデミーの学びの一年とは?

2006年も世界のホメオパスをお招きし、1年間を通じてエキサイティングな学びが展開されました。

3・4月

3月 インド ラシミ・ジェイシング先生 特別セミナー
インドのホメオパス。ラジャン・サンカランの本を多数手がけています。The soul of remedies、Provings、The system of homeopathy、The sensation in homeopathy他。サンカランのVital sensation、7 Levelを使った多数の症例を学びました。
4月 東京校11期生入学

5・6・7・8月

6月 英国 トニー・ピンカス先生 授業
英国王室御用達のホメオパシー薬局、イギリスのエインズワースを見学しました。社主のトニー・ピンカス先生から、レメディやフラワーエッセンスの作り方、動物のためのレメディやLMポーテンシーについて学びました。
6月 英国 スクールオブホメオパシー サマースクール参加
英国ミッシャ・ノーランド先生のスクールオブホメオパシーで、サマースクールに参加しました。緑美しい自然豊かな学校で、ジャネット・スノウドン先生とミッシャ先生の講義を聴きました。
2006年6月:英国/ホメオパシー・サマー・スクールに行ってきました!
7月 英国 デイビット・マンディ先生来日
周期律表のランタノイド・シリーズについて、ナス科のレメディなどを学びました。

9・10月

9月 米国 キム・エリア先生来日
メディカルオブザーバーについて、ケーステーキングについて、楽しく、パワフルな素晴らしい授業を聴きました。永松先生との運命的な出会い。キム先生は2007年4月から毎月来日し、永松先生と融合的授業を行います。
10月 大阪校4期生入学

11・12月

11月 国際セミナー
カナダから、マリー・フェルドマン先生、スウザン先生ご夫妻来日。カナダでホメオパシーの学校をされています。素敵な先生方でした。マリー先生は、子どものためのホメオパシーの名著Homeopathy for Childrenの著者でもあります。丁寧なケースの取り方から、オルガノンもじっくりと勉強しました。

1・2月

1月 英国 デイビット・マンディ先生来日
8回目となるデイビット先生の来日、永松先生とのコラボレーションで、聴いて、見て楽しんだ、盛りだくさんな学びの場でした。ライブのケースを通して、海の生物のレメディや、キク科のレメディなどを学びました。
2月 東京校8期生卒業