夏の強い日差しを避けて、蘭子は街路樹の木陰で足を止めた。

午後3時。
髪を短く切ってから、なんとなく頭が寒く、調子が良くない。
繁華街の雑踏が近く、
蝉の声に混じってたくさんの音、匂い、色が飛び交っている。
こういう所では、木々や土の香りは、わずかにしかしない。

蘭子は目をつぶり、そのわずかな香りを確かめた。
木の香りから、ある記憶が蘇る。

子供の頃、近所で山火事があった。
大きくてどうしようもない炎に、全てが飲み込まれていった。
その光景を、ありありと、今でも良く覚えている。

視線を感じて目を開けると、
黒い猫が、じっと蘭子を見ていた。
まただ。黒い猫は時々こうして現れる。

蘭子は再び歩き出し、繁華街にある占いの館に向かった。

蘭子はそこの人気占い師で、今日も予約が一杯入っていた。
大学を出て商社に就職したが、
社長と大喧嘩して、啖呵を切って辞めてここに来た。

占いは以前から好きでよく研究していた。
薄暗い店内の水晶玉の前で背筋を伸ばして座り、
入ってくるお客の足音、匂いを感じ取り、
人の見えないものも見えてきて、面白いほど良く当たる。

お客との会話もすごく楽しい。
客で来た加代子とは親友になった。
とても素直な良い子で、騙されやすいので目が離せない。

深夜、受話器を持ったまま、加代子は青くなった。
「蘭ちゃんが怒った。」
付き合っていた彼に、
今度結婚する(他にいたらしい彼女と)と言われて、
思わず蘭子に泣いて電話したのだ。
すると蘭子が烈火のごとく怒って、彼をとっちめてやるって・・・。
この時間に1人で乗り込むつもり?
加代子はハッとして身支度した。
怒った蘭子は何をするか分からない。

「あの子のこと何だと思ってるのよ!」
蘭子は、部屋に乗り込むやいなや
大きな男の胸ぐらを掴んだ。

激流のように頭に血が昇っていた。
「やめろよ。近所迷惑だろ」と言う男の冷静な顔が癪に触り、
殴りつけた。

「蘭ちゃん、やめて!」そこに加代子が駆けつけてきた。
「あんたが何も言えないから言ってやってんのよ!だいたいあんたもね・・・」
後ろから触れた加代子にもカッときて、
ふりほどこうとしたとき、突然、ズキン!と痛みが走った。

額の右側を押さえてよろける蘭子を、加代子が慌てて支えた。
顔が赤く、頭がすごく熱かった。
加代子は、とにかく蘭子を部屋に連れて帰った。

高熱があり、壁に黒い虫が一杯いるとか言っている。
朝になったら病院に連れて行かないと。
綺麗で、頭が良くて、強い蘭ちゃん。
怒ると怖いけど、いつも本気でぶつかっていくから凄いと思う。

昼間の黒猫も幻覚だったのだろうか?
うつ伏せに寝た蘭子は、壁を這い回る虫を見ながら思った。
突然の頭痛は、突然治ったが、
今は照明が眩しくて目がおかしい。

加代子は虫などいないと言う。
可哀想な加代子。
ろくに話しも聞かずに、やり過ぎただろうか?
カッとして頭に血が昇ると、自分でも止まらなくなってしまうのだ。

加代子がレモネードを作って持ってきてくれた。
蘭子は赤い顔を上げ、輝く瞳で加代子を見つめ、
冷たい手を差し伸べた。

Bell(ベラドンナ)は、ナス科の植物で、レメディです。
ベラドンナとはイタリア語で『美しい淑女(bella donna)』という意味を持ち、中世ヨーロッパの社交界において、貴婦人たちが瞳を大きく見せるために、ベラドンナの汁を目にさしたことは有名です。突然高熱を発し、感覚が敏感になり、灼熱感があって目がキラキラ輝くといった特徴があります。天使のようだったかと思えば悪魔のようになったり、症状と同じく、内側にとても激しいものを持っています。