2016年11月30日

風邪の季節に読みたくなる本

野口晴哉先生の『風邪の効用』を初めて知ったのは、
ハーネマンアカデミーの授業だったか、セルフケアの講座だったか

野口整体にしてもホメオパシーにしても、人間の体と心というものを深くみていくものは、おのずと同じような考え方になるものなのだなぁという感想をいだいたことを覚えています。

「そうやってそれぞれの人なりの風邪を引くと、その偏って疲れている処がまず弾力性を恢復してきて、風邪を経過した後は弾力のあるピッチリした体になる。  だから風邪というものは治療するのではなくて、経過するものでなくてはならない。」

『風邪の効用』

レメディーも症状を抑えるものではなくて「似た症状を起こせるもの」ですから、風邪の症状を経過する、全うするものです。レメディーが合っていれば、弾力のあるピッチリした体を感じることができるでしょう。

私の場合は、風邪が長引いたり、症状がとても辛い時にはレメディーを摂るようにしてますが、なにもせずとも風邪が速やかに経過してゆくようであればそのまま経過させるように心がけています。

どちらにしましても、風邪を契機により元気になりたいものですね。

風邪のときによく使われるレメディーはこちらです。

 

ハーネマンアカデミーのオフィシャルサイトはこちら

2016年11月29日

【大阪】一粒の奇跡~公開ミニセッション~

毎月開催をしていますセミナー、永松昌泰学長によります「一粒の奇跡~公開ミニセッション~その場であなたのレメディー選びます」のお知らせです。
次回は12月2日(金)19:00~21:00の開催です。

ホメオパシーのセッション。
そこにはホメオパシーの全てが詰まっています。
クライアントさんが抱える問題の何が真に癒されなければならないのか。
それを暖かな眼差しで見つめていきます。

そこから得られたクライアントさんの「本質」と「似たレメディー」を豊富な経験と知識の中から選びだします。

そしてレメディーの解説とホメオパスからの言葉は、これまで抱えていらした問題の解決に向けて大きな助けになることでしょう。

セミナーに参加している皆さんも、一緒にホメオパスになって共にクライアントさんが良くなるように、という視点でご参加いただけていると感じます。

その相乗効果もあって、セッションを通じて様々な変化を感じられた方が再診にもいらしていただいてます。

~これまでのご感想もたくさんいただきました~

とても興味深いセミナーでした。先生の柔和な誘導で心地よく話ができて、自分の全てをご存知かのようなレメディーを処方していただけたようで、うれしく感じました。
(40代 女性)

セミナーやセッションについてほとんど知識もないままに参加しましたが、大きな緊張もなく会話に集中することができました。体の不調はエネルギーの乱れ、というのを聞いたので、過去のショックな出来事や育ってきた環境など細かく聞かれることを想像していたのですが、必ずしもそういうことで判断するのではなく、今の自分を診て頂いているという感じでした。うまく返答できなくても話しを聞き出してくださり、レメディーの選んだ理由も丁寧にご説明いただきありがとうございました。
(30代 女性)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(日時)
12月2日(金)19時~21時

(講師)
永松昌泰(ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー学長)

お申し込みは、こちらから


 

ハーネマンアカデミーのオフィシャルサイトはこちら

2016年11月26日

解剖・病理・生理学の授業

ハーネマンアカデミーでは、解剖・病理・生理学の授業も行っています。
今日、11/26(土)、27(日)は、「血液・細胞組織/生活」がテーマです。

ホメオパシーは健康にたずさわるわけですからレメディーの知識だけではなくて、人間の体のことや病気のことを知る必要がありますよね。

解剖学、生理学、病理学と聞くとちょっと専門的で難しい印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、全然そんなことはありません。むしろすごく楽しいです。
自分のからだのしくみや、これまで疑問に思っていたことや、知らなかったことを発見する連続です。

講師の田中佳先生は、ご存知の方も多いと思います。
脳外科医として活躍されているとき、脳卒中で運ばれてくる患者さんをたくさん診ているなかで、後遺症を残して社会から離れてしまう前に何とかならないだろうかと、いつも考えていらっしゃいました。
そして、現代医学だけでなく代替療法も幅広く学び、食や心のあり方についても探求されました。それを書籍にしたり、講演をしたりして、多くの方に本当の健康とか何か、
本当の医療とは何か、ということを伝えてくれています。
しかも、お話は面白くて、笑いがたえません。

田中先生のブログは、たくさんの方が読まれています。
田中先生のブログ


そして、解剖・病理・生理学の授業は、ハーネマンアカデミーの生徒でなくても受講することができます。ホメオパシー以外でもなんらか健康にたずさわるお仕事ををされていらっしゃる方、または勉強中の方、もしくは自分の健康のために体のしくみや病気のことを知りたい方、
大歓迎です。

事前に連絡をいただければ授業の見学もできますので、ご興味のある方はぜひ一度お越しください。

内容や日程は、解剖病理生理学のコース案内をご覧ください。

 

ハーネマンアカデミーのオフィシャルサイトはこちら

2016年11月19日

11/18 ホメオパシー公開ミニセッション報告

毎月開催している「一粒の奇跡~公開ミニセッション~その場であなたのレメディー選びます」

11月の東京が無事におわりました。
参加していただいた皆さまからのアンケートを(一部)ご紹介いたします。


自分に起きている症状が、何にどんな関係があるのか知りたくて参加しました。

50代 女性


とても興味深いセミナーでした。先生の柔和な誘導で心地よく話ができて、自分の全てをご存知かのようなレメディーを処方していただけたようで、うれしく感じました。

40代 女性


学長先生のお話しはとても心にひびき、安心して心が穏やかになってゆくのを感じました。
レメディーを通じてどんな未来が開かれてゆくのか期待しています。
女性


セミナーやセッションについてほとんど知識もないままに参加しましたが、大きな緊張もなく会話に集中することができました。体の不調はエネルギーの乱れ、というのを聞いたので、過去のショックな出来事や育ってきた環境など細かく聞かれることを想像していたのですが、必ずしもそういうことで判断するのではなく、今の自分を診て頂いているという感じでした。うまく返答できなくても話しを聞き出してくださり、レメディーの選んだ理由も丁寧にご説明いただきありがとうございました。
30代 女性


初診の方が多くとても勉強になりました。再診の方が良くなられるのをみられてとても嬉しかったです。
40代 女性(ハーネマンアカデミー卒業生)


ありがとうございました。なるべく連続的に参加してみたいです。
40代 男性(ハーネマンアカデミー卒業生)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
また次回、お会いいたしましょう。

今後のセミナー予定はこちら

【大阪】12月2日(金)19:00~21:00
【東京】12月 9日(金)19:00~21:00

 

ハーネマンアカデミーのオフィシャルサイトはこちら

2016年11月12日

東京校の授業

今日と明日は、東京校2年生と3年生の授業です。

2年生の撮影スタッフで教室に入りました。
来年度から実際のケースを取り始めるみなさん、
その準備が着々と進んでいるように感じました。

授業前には自主勉強会もされていて、とてもエネルギーがみなぎっています。
また明日もがんばりましょうね。

 

ハーネマンアカデミーのオフィシャルサイトはこちら