医師を経てホメオパシーへ

現代医学の医師を経験したのちに、ホメオパシーを学びはじめられた天井先生と久先生。お二人は、東京校の7期生として学んだ同期でもあり、また今は、解剖生理病理学の授業をはじめ、ホメオパシー教育のさらなる充実に、試行錯誤されています。現代医学の現場で何を感じて、ホメオパシーの勉強を始められたのか。そして今、何を感じながら、医師として、ホメオパスとして、また講師として活動をされているのか、お話を伺いました。

「その時に、何をしなければならないのか」
外科で徹底的に教わったことは今、ホメオパシーとつながっています

(久先生)

僕はね、外科をやったことはすごくよかったと思ってるんですよ。上の先生も良かったんだと思うんですけれども、「外科で一番大事なことは何か」って、よくよく言われていたんですよね。外科で大事なことは何か。外科の手術にしぼって言うと、最初に言われたのが、「オリエンテーションと、視野展開と、人並みの器用さ」。そしてこのなかで何が一番大事かというと「オリエンテーションだ」と言われました。どこに何があるのかさえわかっていれば、人並みの器用さがあれば外科はできるんだと。

もっと上の先生は、外科で何が一番大事かというと、「適応だ」と。「この人は手術をしていいのかいけないのか」を考えること、それが適応です。

この二つは、同じことを言ってるんだと思うんですよね。オリエンテーションは、適応に結びつくんです。「どこに何があるのか」ということを広い意味で言えば、「その時に何をしなければいけないのか」ということなんですよね。「この人に対して、何をしなければならないのか」。それが一番、外科では大事だぞって言われたんですけれども、それは医療でも大事だし、ひょっとしたら全てで大事なんですよね。それはホメオパシーで言うと、その人のCenter of the case(問題の核心)ということになってくると思うんです。それを外科の最初の頃に、徹底的に教わったんですよね。だから外科でやってきたことと、今やっていることというのは、自分のなかでは、全てがつながっているんですよね。

人間とは何だろうか、死ぬということ
そして医者としての技術を磨いていくなかで、ホメオパシーと出会いました

Q: 久先生は、医大に入られてから現場に出られるまで、どのような流れでしたか。
(久先生)

久伸輔先生そうですね、僕は大学受験のときから、ちょっとおかしくなっちゃたんですよ。いわゆる「離人症」っていう状態で、世界が全然変わっちゃったんです。ある日突然に異次元に放り込まれたような感じになって、世界との繋がりが全くなくなっちゃったんです。現実感がないまま、結局そのままで過ごすしかなくて、それなりには過ごせたんだけれども、時々やってくる違和感みたいなものがまんべんなくあって、時々それがものすごく強く、恐怖を伴ってやってくるようなことがあったりして。そのなかで、違うところから人間を見るようになっちゃったんですよね。遠くから見てる感じで、すべてがおかしかったんですよね。人間ってなんでこんな形をしてるのかとか、目がなんでこんなところにあるのかとか、すべてがよくわからなくなっちゃったんです。

そういうなかで、「人間とは何だろうか」とか、「人間はどこに向かっているんだろうか」とか、そんなことを必死で考えるようになっちゃったんですよ。それはあとで医者になってから、また目覚めてくるんですけれど。そのなかで実は、離人症という感じはだんだん良くなっていって。その、人間とはなんぞやというところと、自分の医者としての理想はなんだろうというところがあいまって、大学の3、4年生ぐらいは、それなりに色んなことを考えた時期ではあったんですよね。

大学時代で印象に残っているのは、「お前どういう医者になりたいんや?」という話になったとき、僕は、「やっぱり患者さんとすごくわかりあえて、患者さんの立場でものを考えることができる医者になりたいんや」って話しました。そうしたら相手が、「おまえ、そんな甘っちょろいこと言ってていいんか。医者っていうのは患者さんを治せてなんぼのもんやし、たとえば性格的にすごく悪くても、患者さんを治せるほうがいいんや。いいにきまってるやんか」と。それが自分のなかではけっこうショックだった。治せてなんぼやという話にショックを受けながらも、そういう考え方もあるし、技術的なことは絶対に身につけなきゃいけないと思いました。

そして医者になるとき、どの科を選ぼうかというときに、トータルで何でもみられる医者になりたかったんですよ。何でもみられるんなら内科やろっていうことで、でも内科になったら外科ができない、救急ができないなと思ったんです。何かあったときになんでもできるような人になりたいというのがあったから、救急は絶対やっときたいなと。ちょうど僕が入った外科は、心臓と肺と消化器がセットになっている外科だったので、かなりのことが外科でもできそうだと思って、外科を選びました。

医者になったときはもう、日々が精一杯ですよ、ほんとに。日々、現代医学的な技術を磨いていくことに精一杯でした。雑用から色々なことが多かった時代もありましたけれど、だんだん手に職が、技術が身についてきて、色々な手術がうまくなっていくなかで充実していましたよね。

ただ、だんだんと、限界というのは感じてきてたんですよ。なぜかというと、ガンの患者さんを診るなかで、再発して来る人、最終的に病院で過ごす人が多くなっている。その人たちに対して、自分はなんの技術も持っていなかったんですよね。

内科的には何も治っていないなというのは、その時ぐらいには気がついていました。そしてその時に思ったのは、病気っていうのは治らない人が多いんだと、では治らないんだったらどうすればいいのかを考えるようになりました。病気が治らないんだったら、病気と共存していくような精神状態のありかたをつくってあげればいいんじゃないか。それで、精神的に何かできるようなものを探すようになったんですよね。

あとは、小さい時から「死ぬ」っていうことがテーマだったんです。小学校の時に、死ぬっていうことに気がついて。実際のところは気がついてなかったんですけれどね、ただその時に思ったのは、死ぬっていうことは自分がなくなってしまうということだと思ったんです。まったく無になっちゃうというか。それが僕のなかではすごく恐かったんです。自分が全く無くなっちゃったら、なんだこりゃというぐらい、世界がまったく意味がないというぐらい、すごくショックなことで。じゃあなんで生きてるんだろうって思って。だからといって、誰かに「死ぬんだよね」っていう話をしても誰も恐がらないんですよ。「君たちは本当に死ぬということがわかってるのか!」って感じで話して(笑)、誰もよくわかってくれなくて、でも自分のなかですごく恐くって。死というのがテーマだったんですよね。死というのを、どういう風に捉えていったらいいのかを、大学の3、4年生のときにも、たぶん考えていたんです。そのなかで、ホスピスとか、死ということと関係する仕事をしたいと思っていったんだと思います。

その、「ガンで死ぬ人を救えない」と思ったときに、そういうこと全てが、また繋がってきたんです。その流れの中で、ホメオパシーが入りこんできたんですけれどね。だから医者としての技術を磨いていくなかで、自分がもっと良い医者になるためにどうすればいいのかという流れのなかで、ホメオパシーが出てきました。

そのときは、現代医学に対してあまり疑問は持ってなかったんです。ほかに医療があるっていうことを知らなかったんです、そのときは。現代医学で良いと思っていて、それでどうしようもない部分を他のことでなんとかしたいと、その時は何の疑問も持っていなかったですね。ホメオパシーを始めてからも、しばらくの間はそう思っていましたね。

単なる治療法の一つとして、勉強を始めました
今は、世界観を与えてくれるようなものだと思っています

Q: ホメオパシーを勉強されて、学校を卒業して今というなかで、ホメオパシーについての考えはどのように変わられましたか?
(久先生)

最初は単なるひとつの治療法として、テクニカルな感じで勉強しはじめたと思いますね。勉強していくなかで、これは単なる技術の問題ではなくて、世界を説明してくれるようなものだなというのが、だんだんわかっていったんですね。

それまでに、例えばシュタイナーの思想にも触れていたので、自分なりにそれなりに広い視野をもっていたつもりではいたんですよ。でも、それをもっと広げてくれたというか、世界観を与えてくれたというか。学校案内に書いたことは、実感として本当に思いますね。ホメオパシーというのは、宇宙大の法則みたいなもの、宇宙全体を貫いている大きな道理みたいなものだなということ。その世界観から現代医学をみてみるなかで、現代医学はこういうことをしているのかということが、だんだんと、はっきりしてきた。そして現代医学のなかにいるんだったら、こういうことをしていくのがいいのではないかということが、だんだんとはっきりしてきました。

現代医学を求めている患者さんに、いま何ができるのか

Q: いま広いところから見たときに、現代医学をどう捉えていらっしゃいますか?
(久先生)

ある一定の意味を、ちゃんと持っていると思います。授業でも出る話なんですけれども、救急医療というのは、絶対的に現代医学が必要な部分だろうと思っていますし、そのこと自体は、ホメオパシーと全く矛盾するものではないと思っています。救急医療は、その人が絶対的に足りなかったり、あるいは多すぎたりするものを、その時その人の力でなにもできないときに、それをある程度どちらの面からも補ってあげて、その人が回復してくるまで待つような、あいだを取りもっているような医療だと思うんですよ。それは外せないと思っています。

あとは、やっぱり現代医学を求めてくる患者さんもいる。そんななかで、色々な救い方があるというのも、だんだんわかってきたんですよね。だからいまの時点では、現代医学というのは絶対に必要だと思っています。現代医学を求めてきている人のなかで、その範囲のなかで、どうやってその人を、その人にあったかたちで癒していけるのか。自分がその技術を持っているかというと、そうではないと思うんですけれども、なんとかしたいというのはずっと思っています。

現代医学の病院と関わっていたいなというのが、どうしてもあるんですよね。そして患者さんの診察をしていくなかで、その患者さんの病気に対する見方とか、人生に対する見方とかが、少しずつでも広がっていって、そこでホメオパシーなり、他の何かでも構わないとは思っているんですけれども、その人がより根本的に良くなるように、より根本から気づいてもらって治癒に向かっていけるようになればいいなって思います。たとえばテクニカルな面でホメオパシーを知らなかったとしても、そういうことができるお医者さんはいっぱいいると思うんですよ。テクニカルなものを越えた何かで、できることがあるような気がします。

(天井先生)

いま実際に医療の現場にいる医者に、そういう意識を持ってもらうのが大事なんだろうなって思います。私は医者をやめてしまっているので、学校を卒業してホメオパシーを実際にやっていこうと思ったときに、ある意味で、待っているような立場になってしまって。色々つなげてあげたい患者さんはいっぱいいるはずなのに、そこに自分がアプローチできなくて、どうしたらいいのかと考えた時期がありました。いまは振興会でセッションをしているんですけれども、それも来てくださるからその人と出会える。普通の病院で色々と困っている方はたくさんいるだろうし、そういう人に何か気づいてもらうとか、そういう場が増えていったらいいなと思いますね。現場にいながら、ホメオパシーを何かのかたちで取り入れるとか、取り入れるところまでいかなくても、考え方を知ったうえで実際に診療するとかね。そしてそこから、ホメオパシーの専門家に繋がりができる、そういうかたちになるといいなって思いますよね。実際に、これからどういうかたちでホメオパシーが広まっていくのかということを考えた時に、医療の現場の人たちに、しっかり知ってもらいたいし、その繋がりが欲しいなと思っています。

ホメオパシーをするなかで、感覚が広がっていった

Q: 天井先生は、医師をやめられてから、ホメオパシーを始めて、そして今まで、どういうプロセスでいらっしゃいましたか?
(天井先生)

天井周先生私は皮膚科に入ったんですけれど、ずっと、「なにか違う、自分のいる場所じゃない」というのがありました。何かがおかしいと思ったのは、ひとつは、皮膚科はあまり命にかかわらない病気が多くて患者さんはまず亡くならないはずなんだけれども、ちょうど私が医者をしているときに帯状疱疹の飲み薬が発売されて、その直後に死亡例がバタバタっと出たというのがありました。「薬ってすごく恐い」というかね、治療することによって患者さんを亡くしてしまう、それがすごくショックでした。もう一つは、ステロイドの副作用がすごくマスコミで騒がれた時期で、その代わりに出てきたのが免疫抑制剤の外用剤で、その治験が始まったころだったんです。いったい何をしようとしているんだろうと、その方向性というか、流れが変な方向に行っている感じがして。それほど問題意識をもっていたわけではなかったんだけれど、「なにか変」というのがありました。そのうち医者を辞めることになるんですけれどね。

皮膚科でも、亡くなる患者さんがいないわけではなくて、全身に水疱ができて体液がどんどん失われてしまうような病気もあって、それがステロイドで助かることもあるので、必要な場面というのはいっぱいあるんだけれども。ただ、そこでなにか満足してしまっていて、本当はもっともっと追求して、その患者さんにもっと色んなことができるはずなのに、症状がなくなったらおしまいっていう場面が多い。現場の医者を辞めてからもう一回復帰するというのを、何度も何度も考えたんだけれども、そういう場で、もっと色んなことというのは自分はできない気がして。自分自身としては、医者をやめて、その環境でよかったなと、だからホメオパシーをできたんだと思います。

医者をやめた時点では、自分がどうしていいのか、何をすればいいのかよくわからなくて、全然違うことをしていました。ただ患者さんを診たいなというのはあって、それでも今までいたような現場には、今の状態では戻れないっていうのがあって。自分なりに、音楽療法とかアロマテラピーとか、シュタイナー医学とか芸術療法とか、いろんなところに首をつっこみました。そのなかで、ホメオパシーと出会って、これは別格だと思って、やるんだったら本格的にやらなくてはいけないなというのがあって、思い切ってという感じで始めたんですけれども。

最初は通信で始めてね。最初のテープを聞いたとき、そのテープでほとんど興奮状態(笑)。ホメオパシーのいわゆる導入のところですよね。それまでにも本を読んでいたはずなんだけれど、目から鱗というか、とにかくスコーンと変わった感じがして。数ヶ月間、ハイテンションが続きました。

ホメオパシーをやることで、感覚的に広がった感じがしたんですよね。それをすごく実感したのが、「解剖生理病理学の講師をやってください」と依頼されて、その準備を始めたとき。なんかまたギューっという、すんごく苦しい感じがあって(笑)。その話を永松先生にしたら、「それがそのうち、同じように考えられるようになりますよ」っていわれて、そんなものかなと思って。確かに今はあまりギューっという感じはしないんだけど、でも辛い。別の意味かもしれないけど(笑)。

(久先生)

大変だよね。よくやってるなと思ってましたよ。えらいっと思って(笑)。

ホメオパスというものは、医師をも含んだ仕事
現代医学的な最低限の知識は、本当に必要です

Q: 天井先生は4年前から解剖生理病理学の講義を始められて、いま久先生が入られてまた新たな段階を迎えていらっしゃいますが、それまでの試行錯誤はいかがでしたか?
(天井先生)

最初はね、自分のなかでアンチ現代医学みたいなところがあって、最初は教えるのにすごく抵抗があって、本当に必要なのかなっていう思いが強かったように思うんですよね。今はやっぱり、知っててもらわないと困るという思いが、だんだん強くなってきたかなと思います。ホメオパスとして、きちんとしたホメオパシーをやっていくのであれば、最低限の知識を持っていてもらわないと困るし、しっかり心して勉強して欲しいなという思いが強くなってきています。

授業で、現代医学の臨床医向けのDVD教材を使ったことがあって(「Dr.東田の今さら聞けない病態生理」東田俊彦著)、それが難しすぎるっていう意見もありました。すべてを理解しないといけないというわけではないんだけれども、あの話の流れを理解できるところまでいって欲しいという思いは強くなってきています。大変なことではあるんだけれども、でもやってほしいというのはね、すごく感じる。それを、できるだけ勉強しやすいようにするにはどうしたらいいのかなっていうのが、なかなかうまくいかないんだけれども。

ホメオパシー的な解剖生理病理学というと、いわゆる観念的な、ぼんやりした話に逃げたくなるというのが、生徒さんのなかに結構あるなというのは感じています。でもなにか、こねくりまわして考えるのではなくて、実際に何が起きているというのをまずはきちんと見て理解したうえで、そのうえで観念的なことが自然に浮かんでくるというのが大事なので。起きていることをまずは見て、きちんと理解するという姿勢が欲しいなと、講義を続けてきて思いますね。

大変なことを要求していると思うんだけれども、外国のホメオパスの先生は、現代医学的な知識もすごく持っていらっしゃる。ホメオパスとしてすごく力量をもっていても、ある部分であやふやなところがあると全部を疑われてしまうというか、医学的な知識がどの程度なんだろうと見られてしまう。そう見られないために勉強するというのではないんだけれども、今の医療は医者中心なので、どうしてもそういうところがあるとホメオパシーへの批判という方向へ行ってしまうことがあると思います。特に、自分がどこまでわかっているのかということは、把握しておかなきゃいけないと思います。

(久先生)

ホメオパスというものを考えたときに、それは医師も含まれた形だと、自分では思っているんですよ。ホメオパスになること自体、医師になることと同じくらいで考えないとできないくらいの仕事だと思っているんです。

では医師として必要な知識や技量はなんなのかを考えたら、必然的に、ある程度の現代医学的な知識が完全に含まれてくる。ある部分で足りないことがないようにあってほしいな、というのはあるんですよね。医師と対等にということではないんだけれども、医師として、ホメオパスとして、それなりの考えをきちんと持って話ができるというのは、やっぱり自分のなかでは、すごく大事なことのように思っているんですよ。だから解剖生理病理学を教えていくなかで、そういうところまでは行けるような授業にしたいなと、自分では思っているんです。全部を知る必要はなくて、とりあえずはその話ができる最低レベルのことを理解して、考えたり話をしたりできるようになるよう、なんとか協力したい、なんとかお手伝いができればと思っています。そして世の中できちんと認められるような何かを持っている、そういうホメオパスになってほしいというのがあります。

解剖と生理と、病態生理と臨床とを、トータルで結びつけるような授業を!

Q: これからの解剖生理病理の講義は、お二人が中心となって、さらに充実してゆかれるということですが、どのような授業を目指していらっしゃいますか?
(久先生)

僕、実はね、夢があって。臨床家になってからかな、無謀にも絶対にしたいと思ったことがあって、それがまさに解剖生理病理なんですよ。臨床のなかで、病態生理を知っておかないといけないというのがわかってきて。解剖と生理と病態生理と臨床をつなげるような、全体が含まれているような何かを作りたいという欲求が湧いてきて。とても無謀な考えなんですけれども(笑)。

要するに、人間の正常なものと、それがどういう風に病気になっていくのかという病態生理と、実際に臨床でどういうことをしていくのかということを、トータルで結びつけるような、そういうものを作ろうとしたことがあったんですよ。結局、とても臨床のなかではできなくって。でも今、できる機会を与えられた感じはするんですよ。その大変さはすごくわかっているのでどうしようかと思いながら、一応、そういう夢があるんです。

そして、そこで終わりではなくて、現代医学的な物質的なレベルで起こっていることを全部繋げる作業と、そこから象徴的に何が見えてくるのかという、いわゆるホメオパシー的な類似性から見ていく作業とを、つなげるような授業にしたい。そう断言してしまいました!(笑)

(天井先生)

医学生もそういうものを望んでいるんですよね。解剖学、生理学、病理学、授業が全部バラバラで、バラバラの先生が、時期もバラバラに、なんの脈絡もなくやるんですよ。同じ臓器の話をしているはずなのに、例えば腎臓の解剖はこの辺でやって、生理はこの辺で、病理はこの辺で、それで臨床をやる頃には覚えていなくって、ぜんぜんつながらないんですよね。一連の、縦の流れは絶対に必要で、本当は臨床をはじめる時にやれるといいんだけれど、時間がなくて流してきちゃっている部分があると思います。私が学生だったころと比べて、今の医学部では多少改善されているのかもしれないけれど。ホメオパシーをやるのに、細かい知識はそれほど必要なわけではなくて、ポイントポイントで、縦に繋げることができたらいいなと思いながらやっているつもりなんだけど、なかなかね(笑)。実際にやろうと思うとね、難しいです。

ハーネマンアカデミーは、「修行の場」
自分の感覚を取り戻す、広げてゆく4年間でした

Q: 話は少し変わって、ハーネマンアカデミーの学生生活はいかがでしたか?
(久先生)

僕はけっこう楽しかったですよ。刺激的な4年間だったし、色んな人から色んなことを学んだ。特に医者ではない人の感覚が、すごいなって。自分が思ってもいなかったような感覚や考え方がでてくると、世間のことを知らなかったんだと、よく思い知らされましたよね。

Q: 毎月、東京に通ってらしたんですか?
(久先生)

そうですね。その時は休みの多い職場にうつってたので、当直を外してもらえさえすれば大丈夫だったんで、旅行もできるし、来てました。飲み会も楽しかったですしね。だいたい毎回飲んでました。

医者やってて損したと思ったことが結構ありました。感覚がむしろ削がれていくような状況にずっといたんだと思ったんですよね。ちょっとしたことを鋭敏に感じ取っていく、そういう感覚が、病名をつけるとかっていう流れのなかで、削ぎ落とされていたというか。その感覚を取り戻していく作業をしたんだと思うんですけれども。

(天井先生)

「科学的」という名のもとに、削ぎ落とされてしまったもの、というかね。感じる部分というのを犠牲にしてしまっている。私は医者をしていた期間が短かったんだけど、ホメオパシーをやって、自分の感覚を大事にしていいっていうのがすごく嬉しかったかな。感覚的なところでわかることが、あるとは思っているんだけど、現代医学の現場というのは、それを全面に出すわけにはいかない。ホメオパシーには、色んなことができる、広がるような自由な感じを感じているのかな。

Q: 一言で言うのはなかなか難しいと思いますが、先生方にとって、ハーネマンアカデミーとは?
(天井先生)

修行の場(笑)

(久先生)

同じこと考えてた。なんでわかったの、みたいな(笑)