ホメオパシーに興味を持つ多くの方は、「薬をのむのは身体によくないこと、できるだけ飲みたくないし家族にも飲ませたくない」と考えておられることでしょう。確かに・・・薬を飲むのを最小限にすることは大事ですが、薬が必要な場合もあるのです。
現代医学の薬剤をどのように考えていけばよいのか、また現代医学の薬剤とレメディの違いや、ホメオパシーの得意とするところを、ハーネマンアカデミーを卒業した3人の薬剤師に聞いてみました。

成松加央合(なりまつかおり)
ハーネマンアカデミー東京9期(2008年2月卒業)/講師
薬剤師として病院勤務時に、患者と医療者の双方に心のケアが必要だと感じ、勤務の傍ら心理カウンセリングを学ぶ。心と病と薬について考える中でホメオパシーと出会い、ここに理想とするものがあると直感。卒業後もポストグラジュエイトコースなどで学び続けながら、真の「薬の専門家」を志しつつ、ふるさと安曇野で精力的に活動中。着実に積み重ねられた臨床経験と薬学の知識をベースに繰り広げられる講義は、多くの生徒にホメオパシーの魅力と奥深さを伝えてくれる。

徳武さおり(とくたけさおり)
ハーネマンアカデミー東京11期(2010年2月卒業)
大学病院に勤務し、病棟薬剤師として癌患者さんに接する中で、抗がん剤の限界を痛感。ビタミン療法、漢方、食養生など現代医学以外の療法を模索する中でホメオパシーに出会う。現在は調剤薬局に勤務、「いかに処方せんの薬剤を、患者さんの全体にマッチさせるか」というホメオパシー的薬剤師として奮闘中。

五鬼上典子(ごきじょうのりこ)
ハーネマンアカデミー東京13期(2012年2月卒業)
薬局に勤務しながら、患者さんが体調を崩すきっかけには心の問題が大きく関わっていることは日々感じていたが、薬ではそれが解決できないことがもどかしかった。心身の不調全体を癒すことができるホメオパシーに出会って、自分の求めていたものがここにあると確信。現在は多くの方にホメオパシーを知っていただくために活動中。