学校案内

通学コース

通学コース

東京校・関西校にて月に1回の土日に授業が行われます。(3月と8月はお休み)
3ヶ月に1回の土日に解剖生理病理学の授業が行われます。(3, 6, 9, 12月:変更もあり)

授業概要

月1~2回の週末の授業と自宅学習の組み合わせです。
年間授業日数の8割以上の出席と、全宿題の提出が必須です。

【授業時間】
土曜日 13:00~19:00
日曜日 09:30~16:30

【年間授業日数】
通常授業 年間20日間 (3, 8月はお休み)
解剖生理病理学授業 年間8日間 (3, 6, 9, 12月:変更もあり)
自宅学習(復習・宿題・映像や音声教材の視聴)

【ディプロマを取得する場合は以下が必須】
国際セミナー2~4日間(秋の3連休)×4年間
臨床トレーニング(個別に日程調整)×3・4年次の2年間

授業内容

①ホメオパシーの骨格の理解
  1. 健康とは何か、病気とはなにか、幸せとは何か
  2. ハーネマンによるホメオパシー創設とその後の発展
  3. 人間とは何か、生と死、男と女、陰と陽、相補性、科学とは何か
  4. 類似の法則
  5. プルービングの科学
  6. レメディーのポテンタイゼーション
  7. レメディーと生命力の関係
  8. ホメオパシー薬量学
  9. 病の表現言語、徴候と症状
  10. 病と治癒に関するヘリングの観察
  11. 急性病と慢性病の関係
  12. 症状の分類
②クライアントの問題を受け取る
  1. 質問すべきこと
  2. 原因的要素
  3. 本人と家族の病歴
  4. 身体的サイン
  5. 根本体質
  6. 持続的病因評価
  7. 癒すべき中心を見据える
③ケース分析の方法と処方への戦略
  1. マテリアメディカとレパートリー
  2. 症状の全体像
  3. SRP(奇妙で稀で特有の症状を見いだす)
  4. キーノート
  5. レパートリーの理解と使い方
  6. 単純なケースについての分析と処方
④ケース分析の方法と処方への戦略
  1. 人の話をきく(観察と傾聴)
  2. ロールプレイ
①複雑な症状を理解し、レメディーに結びつけるスキルとより深い理解/ケーススタディー
  1. 急性病と慢性病の理解と分析
  2. マヤズム
  3. 根本体質と宇宙の原型的四大元素(マッパムンディ)
②ケース分析とマネジメントの詳細
  1. レパートリーを使いこなす
  2. レメディーの投与方法(薬量学、LMポーテンシーなど)
  3. 処方後の反応の評価
  4. 治癒の妨げになるもの
  5. 2回目の処方
  6. レメディーの関係性について
③カウンセリングスキル(基礎)
  1. 人の話をきく(観察と傾聴)
  2. ロールプレイ
  3. ケーステイキング演習
④ケース分析の方法と処方への戦略

問題を具体的に考える

⑤プルービング

プルービングを体験する
※プルービングは2年に1回実施いたします。

⑥学年末試験
①難しいケース
  1. レメディーのファミリー分類
  2. センセーションメソッド
  3. 周期律表
②カウンセリングスキル(発展)
  1. ライブケースを見る
  2. スーパーバイズ付きケーススタディー(スーパーバイザー同席のセッションを含む)
③ディベート基礎

問題を深く考える

④プルービング

プルービングの実践と分析
※プルービングは2年に1回実施いたします。

①難しいケース
  1. 病理に基づく処方
  2. 流行病とその予防
②ホメオパスとしてのスキル

開業に必要な実用的知識

③ディベート(発展)

正しく議論する

④プルービング

プルービングの実践と分析
※プルービングは2年に1回実施いたします。

⑤卒業試験

授業料

年間授業料:659,500円(税別)
※分割ご希望の場合には、ご相談ください。

【授業料に含まれるもの】

  • 東京校または関西校で行われる授業への参加
  • 授業音声の配信
  • 授業中に配布される資料
  • 授業映像の後日録画配信
  • チューターや講師陣による学習サポート(授業外の勉強会含む)

【その他】

  • 2年次、4年次の終了時に試験を実施
  • 再履修可<再履修費>:300,000円(税別)

【初回授業】
毎年4月
初回の授業は毎年4月ですが、ご入学は随時募集しております。

※講演会や急なセッションなどで、お電話を取れない場合もございます。その際は、お手数ですが、留守番電話の方に、お名前とご用件をお話ください。24時間以内に折り返しお電話させていただきます。