お知らせ

【11/22開催】全4回特別セミナー「西田幾多郎は日本最初のホメオパス!?」

2020-10-30

ホメオパシーはドイツ発祥の医療で、イギリス王室や各国のアスリートにも使われ、日本では心と体に優しい自然療法として人気を得ている、というのがより広く知られた説明で間違いではありません。
ですが、実はとても深いところで日本人が古来より大切にしてきたことと大きなつながりがあります。

ホメオパシーでは、創始者ハーネマンが書いた「オルガノン」の中で、ことあるごとに書かれていることがあります。

  • ありのままを見ること、それを解釈しないこと
  • その人ならではの感じ方や経験を尊重し、見つけること

西田幾多郎という日本初の哲学者の言わんとしていることが、ホメオパシーでの大きな柱となっていることと、こんなにもそっくりそのまま同じことを語っていることに非常に驚きました。

西田幾多郎の著「善の研究」は、古来より人々が感じていたことを、言語化してわかりやすく提示しました。
当時変わりゆく時代に疑問を持ちながら疲弊していた人々が、待っていたと言わんばかりに行列をなして買い求め、大ベストセラーとなりました。

ホメオパシーは、
「生きる」こと、「生かされている」こと、「自分が自分であること、ありのままで在ること」を教えてくれるものではないかと思います。

今、まさに変わりゆく時代。
よりホメオパシーが求められる時代になりました。

再び「感じる力」「裁かない温かな眼差し」の大切さを認識し直し、磨きをかける時間を作ってみませんか。
オンライン参加、教室参加どちらでも可能ですので、皆様のご応募をお待ちしております。

日時

11月22日(日)11:00~16:00(お昼休憩1時間含みます)

会場

ペイフォワード内 Bridge

札幌市中央区南1条東2丁目11-1 ノーザンヒルズ大通東102号室
大通り出口26から徒歩4分
バスセンター出口4から徒歩1分

https://goo.gl/maps/DeSRVz2TRqvePWMi8

参加費

1回参加:6000円、全4回参加:20000円

受講方法

現地参加もしくはZoomを使用したオンライン配信受講も可能となっております。
※インターネットの環境があればどなたでもご参加いただけますし、後日録画配信したものをご都合の良いときにご視聴いただけます。

講師

永松 昌泰

永松 昌泰(ながまつ まさひろ)

ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー名誉学長/日本ホメオパシー振興会代表

慶応義塾大学工学部卒業後、コロンビア大学、パリ大学で量子力学、哲学、文学を専攻。帰国後、実家の鉄鋼業会社を経営。ドイツ発祥のホメオパシー医学に出会い人生が一変。1996年ハーネマンアカデミーを設立。学校運営、教鞭をとる傍ら、ガン患者さんだけで1000人、また難病、慢性病の患者さんを今現在も本質的な健康に導いている。

数学、物理、音楽、文学、歴史からゴルフや経営に至るまで、森羅万象の膨大な知識に裏付けされた卓越した洞察力と比喩を自在に駆使して物事の本質を読み解く力は、病気だけではなく、経営、人生相談のクライアントさんを本質的な解決へと導いてきた。
著書に「ホメオパシー入門」(春秋社)、訳書に「ホメオパシー医学哲学講義」(緑風出版)、「ホメオパシーの哲学 病の声を聴く」(春秋社)「シナジー概論」(ハーネマン出版)

お問い合わせ

ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 東京教室
〒105-0012 東京都港区芝大門2-2-1 ユニゾ芝大門二丁目ビル 621号室

TEL: 050-1746-2611 (10:00~20:00)

※講演会や急なセッションなどで、お電話を取れない場合もございます。その際は、お手数ですが、留守番電話の方に、お名前とご用件をお話ください。24時間以内に折り返しお電話させていただきます。

E-Mail: education@hahnemann-academy.com

※講演会や急なセッションなどで、お電話を取れない場合もございます。その際は、お手数ですが、留守番電話の方に、お名前とご用件をお話ください。24時間以内に折り返しお電話させていただきます。